俺たちJ2

昇格を目指すJ2クラブたちの、移籍・試合速報・順位をまとめてお知らせします!

    カテゴリ: 讃岐

    6/4の第16節、讃岐は劇的な逆転勝利で、セレッソ大阪を下しました。

    波に乗るかと思いきや、その後は勝利なし(2分6敗)と苦しい闘いが続き・・・

    そして昨日の第25節、見事に勝利を収めました!

    何と相手は、セレッソ大阪!

    讃岐オセロ

    「間の8試合が、オセロみたいにクルッと白○に変わればなぁ」というのが、
    讃岐サポの願いではないでしょうか。

    そういやいつからオセロを「リバーシ」というようになったんでしょうか。


    リバーシ オセロマグネットリバーシ オセロ 【送料無料】
    リバーシ オセロマグネットリバーシ オセロ 【送料無料】



    ブログランキング参加しました!
    ↓クリックをお願いしたいです!! 

      
    Jリーグ ブログランキングへ 
               



    15年の讃岐は、
    ・PA被進入回数、ポゼッション、パス数がリーグワースト、
    ・シュートまでの平均時間が最も短い (=手数をかけない)
    ・リーグ1位の失点数の少なさ。

    絵にかいたような「堅守速攻」「カウンター型」のチームとなりました。
    14年の71失点から、15年は33失点と大きく減らし、「カマナチオ」の中心となったのは15年加入のGK清水健太であることは間違いないでしょう。
    的確なコーチングで、エブソン・藤井をリーグ屈指のCBデュオにまで育て上げ、強固なトライアングルを形成。
     
    しかし最終ラインの残る2人、右SBの高橋祐治はレンタル元の京都へ帰還。左SB沼田圭悟は大宮へと旅立ちました。沼田は単年契約だったようで、移籍金をとることができなかったようです。

    予算が限られる中でも、讃岐はピンポイントで補強を敢行。 
    右SBのポジションには、大分より経験豊富なDF西弘則を獲得。

    リーグワーストの得点力対策に、水戸よりFW馬場賢治を獲得。また、パルメイラスよりブラジリアンアタッカーのミゲルを獲得。191cmの長身は、攻撃に様々なオプションをもたらしそうです。


    注目選手: 馬場賢治
    管理人、個人的に大好きな選手です(笑)
    髪型、ヒゲ、笑顔・・・外見もそうなのですが、プレースタイルが掴めない感じが好きです。

    トップにいたり、サイドに流れたり。神出鬼没と言いますか、「いてほしいところ」にいたり、予想しないところに顔を出してたりと。ループシュートも多用しますし、「抜け目ない」という感じ。
    ゴールを決めた後の、髪がなびく感じも好きです(アフロだったり、留めた長髪のしっぽだったり)。

    周りに合わせることのできる選手ですし、タワー型のミゲルに"衛星型"で機能するのか、はたまた我那覇和樹や木島兄弟とどのように絡んでいくのか?
    そういった化学反応も楽しみな、稀有なFWだと思っております。 

     
    リーグ序盤の日程は以下の通り。
    第1節 2/28(日)14:00 vs 横浜FC ニッパツ
    →横浜FCのプレビューはコチラ
    第2節 3/6 (日)13:00 vs 東京V ピカスタ


    ブログランキング参加しました!
    ↓クリックをお願いしたいです!! 

      
    Jリーグ ブログランキングへ 
       

    カマタマーレ讃岐が、ブラジル人FWミゲル(Miguel Antonio Bianconi Kohl)の獲得を発表しました。

    191cm/90kgという体躯から、「少し太りすぎじゃね?」という声があったものの、動画を見ると「こいつぁブラジルのイブラだぜ!」という印象です(←言い過ぎ

    ブラジルのU-20代表選出歴もあるようです。

    ・・・と良いことを並べましたが、忠州ヒュンメルという「韓国チャレンジリーグ」という2部、ブラジルでも2部リーグでパッとしなかった、というのが現状です。

    動画のような印象的なPlayをするも、継続的でなかったり、戦術理解に乏しい可能性もありますね。
    まだ23歳か、もう23歳か。今年の飛躍を期待しましょう。


    京都が昨季パルメイラスでplayしていたアンドレイ・ジロットを獲得しており、J2が二人目のパルメイラスプレイヤーを(同じく期限付きで)獲得することになりました。









    ブログランキング参加しました!
    ↓クリックをお願いしたいです!! 

    人気ブログランキング     
     

    このページのトップヘ