俺たちJ2

昇格を目指すJ2クラブたちの、移籍・試合速報・順位をまとめてお知らせします!

    カテゴリ: 岐阜

    長崎が、新たにスペイン人の獲得を発表しました。

    パジャルド (Miguel PALLARDÓ)

    1986年5月9日、スペインはバレンシア生まれの30歳。
    173cm/70kg

    右利きのMF。"ピヴォーテ(Pivote)"を主戦場とするプレースタイルの模様。
    ※スペイン語で「軸」を意味し、チームの軸となる選手を指す言葉で、セントラルMFを指す
    CBにも入ることのあるアンカータイプのようですね。

    岐阜のシシーニョ (Sisinio González Martínez)に続く、スペインユース代表歴のある選手が、何とJ2加入です!!
    バレンシア、ヘタフェ、レバンテ、アルメリアと、リーガファンにはお馴染みのクラブを渡り歩いていますね。
    13-14シーズンに1部をレバンテで戦いましたが、ほとんどがベンチ外。3試合の出場に終わり、契約満了。

    オフにはフランスのソショーのトライアルを受けるも不合格。
    その後、当時スコットランド2部のハート・オブ・ミドロシアンFC、通称"ハーツ"に加入が決定。
    14-15シーズン、優勝で昇格を決めていたようです。
    (スペインのレバンテの在籍時も、昇格を経験しているようですね)

    15-16シーズンは、序盤戦を膝の負傷で欠場。
    9月に復帰するも、10月末に再び負傷(同じところか分かりませんが、膝とのこと)
    ベンチとフル出場を繰り返し、最後の5試合はベンチで出場無し。
    16年夏に契約満了となり、今までフリーの身であったようです。

    昨季(15-16シーズン)のハーツでは、同じく今オフ新加入のファンマと同僚だった模様。2人ともバレンシア州出身なので、ほぼ同郷ですね。

    ↓動画を確認しましたが、アンカーなので「ゴール集」ではなく、「地味な繋ぎor守備のプレー集」です。悪い意味でスペイン臭さが少なく、スコットランドっぽい無骨なプレーにも見えますが・・・



    パジャルドの瞳に吸い込まれたい方はコチラの動画


    レバンテでのトレーニング動画




     






    ブログランキング参加しました!
    ↓クリックをお願いしたいです!! 

      
    Jリーグ ブログランキングへ 
               

    岐阜が、新たにブラジル人の獲得を発表しました。

    クリスチャン (Cristian Alex da Silva Santos)

    1993年12月1日ブラジル生まれの23歳。
    188cm/84kg

    今オフ、何人の190cm近くの外国人FWがJ2リーグに加入したでしょうか(笑) 

    左利きで、トップ下を主戦場としていた時期もあるようなので、足元の技術に長けているのかもしれませんね。
    動画を確認すると、惜しい長距離直接FKなど蹴っておりました。
     
    ブラジルの名門クルゼイロに入団も、出場試合は無く。
    その後、タイ2部のプーケットやポルトガル1部のマリティモや、前所属のリトアニア1部・FC Stumbras(ストゥンブラス)など、変わった経歴の持ち主ですね。

    昨年は、前半戦をブラジル2部のSorocaba SP(ソロカーバ)でプレーし、夏の移籍市場でリトアニアへ。
    リトアニアでは、6月からの13試合で4ゴール2アシストを挙げています。
    ストゥンブラスは、リーグ6位で2016年シーズンを終えています(おそらく春秋の単年制)。











    ブログランキング参加しました!
    ↓クリックをお願いしたいです!! 

      
    Jリーグ ブログランキングへ 
               

    岐阜が、元スペインU-21代表選手の獲得を発表しました。

    シシーニョ (Sisinio González Martínez)
    愛称 "シシ"

    1986年5月22日生まれの30歳
    右利きのMFで、主戦場はトップ下、両WGもこなすようです。

    U-17スペイン代表として、セスク・ファブレガスらとともに2003年のFIFA U-17世界選手権準優勝。
    U-16から21までのユース代表に名を連ねていますが、A代表には縁がなかったようです(中盤はタレント揃いですしね・・・)

    ヴァレンシアユースで育ち、トップに上がりましたがBチームを行き来した後に、エルクレスやバリャドリッドへレンタル移籍。
    レクレアティーボやオサスナを経て、2015年には韓国の水原FCとアジア初上陸。
    ※追記: 1部の強豪・水原三星ではなく、2部の水原FCでした

    ポーランドのレフ・ポズナン、ギリシャのヴェリアFCへ移って欧州に一度戻るも、2016年の9月には何とアビスパ福岡へコンタクトをとったのだとか

    残念ながら契約には至らなかったようですが、福岡と同じJ2の岐阜が獲得を決めたようです。

    大木武新監督の元、岐阜に新たなるパスサッカーの"軸"になるのか、楽しみな選手です。

    オサスナ時代、ドキュメンタリー風?



    バリャドリッド時代


    水原時代。背番号8がどうやらシシ ※韓国時代は17試合ノーゴールです



    ブログランキング参加しました!

    ↓クリックをお願いしたいです!! 

      
    Jリーグ ブログランキングへ 
               

    このページのトップヘ