俺たちJ2

昇格を目指すJ2クラブたちの、移籍・試合速報・順位をまとめてお知らせします!

    カテゴリ: 書籍レビュー

    己 [ 高木豊 ]
    己 [ 高木豊 ]


    読了しました。
    横浜大洋ホエールズで、「スーパーカートリオ」として活躍した、高木豊氏の著書です。

    プロ野球選手ながら、高木俊幸、善朗、大輔の3人の息子たちを「全て」プロサッカー選手に「育てた」――と書きたいですが、本当に子どもの自主性を尊重した結果、プロになった、という感じです。

    高木氏自身、やはり「一人くらいはプロ野球選手に」と思っていた(三男・大輔が最も向いていそうだった、とのこと)ようですが、自分の考え・夢・エゴを押し付けずに、子供がやりたいことをやらせた結果が今なのだと。

    子供のやりたいことをやらせる。
    言葉でコミュニケーションを取る(親子だから言わなくても通じる、と思わない)。
    言葉をかけるタイミングを見極める。

    野球とサッカー、もちろん共通するところもありますが、基本的には異なるスポーツ。
    高木氏は違いをしっかり認識しつつ、「プロとは」という意識やメンタルで息子たちをバックアップしていました。

    「すぽると!」繋がりの風間八宏氏(川崎フロンターレ監督)と草サッカーをやり、「息子がやっていることを、身をもって体験する」というエピソードも面白かったです。

    「息子をプロサッカー選手にしたい人」だけでなく、「子供がいる全ての人(私もそうです)」に読んでほしいな、と思える良書でした。
    決して、「プロアスリートがプロアスリートを育てた」"だけ"の話ではなく、全ての親に通じる話が満載です。
     
     
    風間八宏 フットボールクリニック Vol.1「止める」 [ 風間八宏 ]
    風間八宏 フットボールクリニック Vol.1「止める」 [ 風間八宏 ]


    ブログランキング参加しました!
    ↓クリックをお願いしたいです!! 

      
    Jリーグ ブログランキングへ 
          
      

    サッカー小僧新書 クライフ哲学ノススメ、読了。

    今年3月に亡くなられた、"オランダの伝説" ヨハン・クライフ。

    正直、私自身クライフの世代ではないですし、
    「名前はよく聞くけど」
    「(教本で)クライフターンならよく見る!」
    「夕空のクライフイズムなら読んでる(ry」
    程度なのですが、やはり常に気になる存在ではありました。

    この書籍は読みやすさもありつつ、「いかにクライフの思想に先進性があったか」が書かれており、「ゼロトップ」「ポジショニングの重要性」など興味深い内容が含まれています。

    観る側、プレーする側にも、様々な"気づき"を与えてくれるように感じました。
    (私は「Sundayフットサルプレイヤー」程度なのですが)

    単純な読み物としても、「10代からオランダ代表に絡むも、様々なスキャンダルでW杯やEUROに出なくなる」諸事情など、面白い事実が書かれてあります(笑)

    選手としても、監督としても勝者であったクライフ。
    強い拘りはあるものの、意外にも「相手の戦い方に合わせられる柔軟性」を、十二分に持ち合わせていた稀有な人だと思います。

    これが書籍内で紹介されている、"クライフの戦術講座"。
    日本にも、こういうことが語られる番組は現れるのでしょうか・・・?




     
    クライフ哲学ノススメ増補改訂版 [ 木崎伸也 ]
    クライフ哲学ノススメ増補改訂版 [ 木崎伸也 ]

    夕空のクライフイズム(1) [ 手原和憲 ]
    夕空のクライフイズム(1) [ 手原和憲 ]


    ブログランキング参加しました!
    ↓クリックをお願いしたいです!! 

      
    Jリーグ ブログランキングへ 
          
      

     
    「そろそろ、松木安太郎の居酒屋解説から卒業したい・・・」
    (↑ 一周回って私は嫌いじゃないですが)
     
    「気になるあの子を連れて、はぢめてのサッカースタンド観戦。色々質問されたけど、上手く答えられなかった・・・」
     
    「クラスメイト(or 会社の同僚)から、"なぁなぁ、アジリティーの意味分かってるか?え?知らねぇの?(半笑い)"と言われた」
     
    「最近、スカパーを契約して見始めたんだけど、解説の人が何言ってるのかよく分からない。というか何となくわかるんだけど、合ってるのか自信がない」
     
     
    今さら聞けない・・・
      
    でも、ネットで色々調べたら、文字だけでどういう意味かよく分からない・・・
    というか、分からない用語を、さらに分からない用語で説明したりもしてて、さらに分からない・・・ 
     
    上記、一つでも当てはまったなら、↓↓↓コチラの本がお勧めです↓↓↓

    最新サッカー用語大辞典 [ 大塚一樹 ]
    最新サッカー用語大辞典 [ 大塚一樹 ]


    オールカラーで分かりやすい!
    図やイラストが豊富で分かりやすい!
    「Check ! 一緒に覚えたい関連用語」で、さらに知識が深まります。

    「昔はセンタリングって言ってたけど、今はクロスっていうのか」
    「昔はロスタイムって言ってたけど、今はアディショナルタイムっていうのか」
    という「しばらく離れてたけど、最近またサッカーを見始めました」という方にもうってつけです。

    「じっ・・・自分は詳しいもんね」と、管理人のように(安い)プライドがある方も、一度目を通すと「そうだったのか!」なんてことが、一つや二つ出てきます。
    勘違いして覚えてるなんてことも、多いですからね。


    ↓↓↓電子版はコチラ↓↓↓
    最新 サッカー用語大辞典 世界の戦術・理論がわかる!【電子書籍】[ 大塚 一樹 ]
    最新 サッカー用語大辞典 世界の戦術・理論がわかる!【電子書籍】[ 大塚 一樹 ]


    ブログランキング参加しました!
    ↓クリックをお願いしたいです!! 

      
    Jリーグ ブログランキングへ 
          
      

    このページのトップヘ