俺たちJ2

昇格を目指すJ2クラブたちの、移籍・試合速報・順位をまとめてお知らせします!

    2016年03月

    松本山雅が、鹿島よりFW 高崎 寛之の期限付き移籍加入を発表しました。

    松本は開幕5試合を闘い、5得点5失点。エースのオビナを欠いており、得点力や前線の高さが足りていないようです。
    J2の経験も豊富な長身FWの高崎に、白羽の矢が立ったようです。





    KIOSKパート9(第9弾)開封販売【397】211系 高崎線(開業130年記念ラッピング車)(先頭車、中間車)各2両Bトレインショーティー(*)
    KIOSKパート9(第9弾)開封販売【397】211系 高崎線(開業130年記念ラッピング車)(先頭車、中間車)各2両Bトレインショーティー(*)


    THUNDER IN THE EAST
    LOUDNESS
    日本コロムビア
    2016-03-30




    ブログランキング参加しました!
    ↓クリックをお願いしたいです!! 

      
    Jリーグ ブログランキングへ 
       

    早いもので、5試合が終了。各クラブの調子などが見えてきましたね。

    無敗クラブは熊本・C大阪・讃岐・岡山の4クラブ。
    未勝利クラブは京都・愛媛・金沢・水戸・山形の5クラブです。
    得点トップは、岡山と札幌の10得点。
    失点トップは、岐阜・山口・長崎・金沢の8失点。

    昨季の攻撃力クラブ、守備力のクラブの印象が変わる感じですね。

    札幌 3 - 1 京都
    山形 0 - 1 清水
    松本 3 - 3 山口
    岡山 2 - 0 北九州
    讃岐 1 - 2 徳島
    岐阜 1 - 0 水戸
    千葉 0 - 0 群馬
    東京 0 - 1 町田
    横浜 0 - 0 愛媛
    大阪 2 - 2 金沢
    長崎 0 - 2 熊本

    勝ち点、星取表
    13 ○○○△○ 熊本
    清武4ゴール目!バトルオブ九州制して、首位浮上
    13 ○○○○△ 大阪
    最下位とは言え、昨季2敗の苦手の金沢と引き分け。今季「初の」失点
    11 △○△○○ 岡山
    PKとOGで得点、主導権をほぼ手中に
    10 ●○△○○ 札幌
    北海道新幹線開業の祝砲を、3発打ち上げる
    10 ●△○○○ 町田
    試合終了間際にゴール、東京クラシックで勝利し3連勝
    10 △○○○● 讃岐
    連勝が3でstop、今季初の敗戦
    10 ○●○○△ 千葉
    チャンスメイクし続けた船山が、悔やまれる決定機逸
    09 ●●○○○ 岐阜
    虎の子PK弾を守り抜いて、2連敗からの3連勝
    08 △○△●○ 清水
    "監督古巣対決"、"昇格請負人対決"は小林監督に軍配。テセの復帰も朗報
    07 ○○●●△ 群馬
    主将の松下、コイントスに勝利して陣地を選択。これがアウェー勝ち点1獲得の要因と自画自賛
    06 ○●●○● 東京
    シュート数でも町田に圧倒され、勢いに飲まれた形
    05 ●○△●△ 松本
    「ChooChooTrain・CK」で先制点。松本らしからぬ馬鹿試合で3-3ドロー
    05 △○●●△ 山口
    82分投入の原口が大仕事、勝ち点1を持ち帰る
    05 ○●△△● 長崎
    対熊本戦で4連敗。完全に苦手な相手に
    04 △△△△● 京都
    開始直後、前半終了間際の「魔の時間」に失点。最後に返した1点を次に繋げるか
    04 ●●△●○ 徳島
    「ダービーは順位通りに行かず」最下位の徳島が2位の讃岐に初めての土をつける
    04 ●●●○△ 横浜
    守護神・南が不在も、愛媛の猛攻をしのいで勝ち点1
    04 △△△●△ 愛媛
    いいところ少なくスコアレスドロー。得点力不足が深刻
    04 ○●●△● 北九州
    小松原の二枚看板、本山も欠いて、4試合勝ち無し
    02 ●●△●△ 金沢
    昨季のエース・清原は相手ベンチにいなかった。しかしセレッソの無敗を4でストップ
    02 ●△△●● 山形
    MF佐藤不在で、一気に攻撃不全に
    02 △●△●● 水戸
    攻守共に機能せず、最下位タイに転落

    ブログランキング参加しました!
    ↓クリックをお願いしたいです!! 

      
    Jリーグ ブログランキングへ 
          

    管理人多忙のため、アップが遅れました。速報性もへったくれもないですな(汗

    というわけで、まずは第4節の結果。
    春の嵐となった3/20、強風を味方につけたクラブ、そうでないクラブとありました。

    山形 0 - 1 大阪
    水戸 2 - 3 岡山
    東京 1 - 0 徳島
    横浜 2 - 0 山口
    清水 0 - 2 札幌
    群馬 1 - 2 讃岐
    松本 0 - 1 千葉
    町田 2 - 1 金沢
    京都 0 - 0 長崎
    愛媛 0 - 3 岐阜
    北九 1 - 1 熊本 

    そして順位表です。
     
    12 ○○○○ 大阪
    ウノゼロ4連勝。田代が古巣相手に終了間際の劇的弾
    10 △○○○ 讃岐
    風を味方につけて3連勝。勝負強さを見せ、桜を追撃 
    10 ○○○△ 熊本
    清武バースデーゴールで、バトルオブ九州に勝利   
    09 ○●○○ 千葉
    「五輪監督対決」「3戦3敗の鬼門アルウィン」を関塚監督制す   
    08 △○△○ 岡山
    前節の悔しい引き分けを、今回は勝利に。リーグ得点数トップ 
    07 ●○△○ 札幌
    アクシデントなゴールだったが、運も実力の2ゴール 
    07 ●△○○ 町田
    FW中島、4ゴールで得点ランキングトップタイ 
    06 ○○●● 群馬
    2連勝からの2連敗。内容は悪くないだけに立て直したい 
    06 ○●●○ 東京
    連敗を2でストップ 
    06 ●●○○ 岐阜
    攻撃的スタイルを捨て、アウェー大勝で2連勝 
    05 △○△● 清水
    無失点が途切れ、ホーム未勝利続く 
    05 ○●△△ 長崎
    守備感覚を取り戻し、次節につなげるアウェー勝ち点1 
    04 △△△△ 京都
     ホームにも関わらず、風上の後半にシュートゼロ
    04 ●○△● 松本
    スタイルを模索する苦悩の日々続く 
    04 ○●●● 北九州
     逃げ切り策に失敗。苦しい3連敗
    04 △○●● 山口
    主力離脱が影響出て2連敗 
    03 ●●●○ 横浜
    第2節でPK失敗の小野瀬、雪辱の2ゴール。増田監督代行が勝利をもたらす 
    03 △△△● 愛媛
    昨季の躍進一転、未勝利続く 
    02 ●△△● 山形
    後半の失点癖を修正したい
    02 △●△● 水戸
    2-0は危険なスコア? 
    01 ●●△● 金沢
    ロマリーニョデビューも見どころは髪型のみ 
    01 ●●△● 徳島
    未勝利続く 
     

    ブログランキング参加しました!
    ↓クリックをお願いしたいです!! 

      
    Jリーグ ブログランキングへ 
          

    このページのトップヘ